J-SHIS | 地震ハザードステーション

サブメニュー サイトマップ お問い合わせ J-SHIS (English)
スタート J-SHIS
その他

ハザードカーブ情報提供API

指定した3次メッシュのハザードカーブ情報(強震動指標に対する超過確率)を提供します。

バージョン

1.0.0

リクエストURL

http://www.j-shis.bosai.go.jp/map/api/pshm/version/case/eqcode/t/hzcv.format?meshcode=meshcode
http://www.j-shis.bosai.go.jp/map/api/meshcode/pshm/version/case/eqcode/t/hzcv.format
http://www.j-shis.bosai.go.jp/map/api/pshm/version/case/eqcode/t/hzcv.format?position=position&epsg=epsg

目次

リクエスト

– URL
– メッシュコード指定
– 経度緯度指定
– パラメータ

レスポンス

– ステータスコード
– 正常ケース
– JSON形式
– XML形式
– エラーケース
– エラー分類コード
– JSON形式
– XML形式

リクエスト

URL

位置はメッシュコードで指定する方法と経度緯度で指定する方法があります。URL中の太字はリクエストパラメータを示し、上付き番号はパラメータ一覧表のNoに対応します。

メッシュコード指定
http://www.j-shis.bosai.go.jp/map/api/pshm/version1/case2/eqcode3/t4/hzcv.format5?meshcode=meshcode6
http://www.j-shis.bosai.go.jp/map/api/meshcode6/pshm/version1/case2/eqcode3/t4/hzcv.format5
経度緯度指定
http://www.j-shis.bosai.go.jp/map/api/pshm/version/case2/eqcode/t/hzcv.format5?position=position7&epsg=epsg8
パラメータ

APIのリクエストパラメータは以下の通りです。パラメータは大文字・小文字を区別して指定して下さい。

No パラメータ 省略可否 説明
1 version 必須 地図バージョン

  • 2008年版…Y2008
  • 2009年版…Y2009
  • 2010年版…Y2010
  • 2011年版…Y2011
  • 2012年版(モデル1)…Y2012
  • 2012年版(モデル2)…Y2012_M2
  • 2013年版(モデル1)…Y2013
  • 2013年版(モデル2)…Y2013_M2
  • 2013年版(モデル3)…Y2013_M3
  • 2014年版…Y2014
  • 2016年版…Y2016
  • 2018年版…Y2018
  • 2019年(NIED作成版)…Y2019
2 case 必須 確率ケース

  • 平均ケース…AVR
  • 最大ケース…MAX
3 eqcode 必須 地震コード

詳細は地震コード規約を参照して下さい。

4 t 必須 経過年

  • 30年…T30
  • 50年…T50
5 format 必須 出力形式

  • JSON形式…json
  • XML形式…xml
6 meshcode positionと排他的 3次メッシュコード

詳細は3次メッシュコード定義を参照して下さい。

注) positionもしくはepsgが指定された場合はエラーとなります。

7 position meshcodeと排他的 経度と緯度をコンマ区切りで指定します。指定可能範囲は以下の通りです。

  • 122.0≦経度≦154.0
  • 20.0≦緯度≦47.0

注1) epsg指定時は必須です。
注2) meshcodeが指定された場合はエラーとなります。

8 epsg meshcodeと排他的 EPSGコード

  • JGD2000…4612
  • Tokyo…4301
  • WGS84…4326

注1) position指定時は必須です。
注2) meshcodeが指定された場合はエラーとなります。

レスポンス

ステータスコード

データを正常に取得した場合は、HTTPステータスコードに200を設定し、正常ケースのレスポンスを返します。エラーが発生した場合は、以下のHTTPステータスコードを設定し、エラーケースのレスポンスを返します。

HTTPステータスコード 説明
400 Bad Request リクエストURLに間違いがあることを示します。

例:サポートされていない値を設定した。

403 Forbidden リクエストが拒否されたことを示します。

例:リクエストの上限を超えた。

404 Not Found リクエストに一致するデータが1件も存在しないことを示します。

例:存在しないメッシュコードを指定した。

500 Internal Server Error 内部エラーが発生したことを示します。
503 Service Unavailable サービスが一時的に利用不可であることを示します。

例:DBへの接続に失敗した。

正常ケース
JSON形式

JSON形式のレスポンスは以下の通りです。

タグ 説明
type JSONオブジェクトタイプ

  • PshmHzcv(固定値)
status ステータス

  • Success(固定値)
metaData メタ情報
meshcode 3次メッシュコード

詳細は3次メッシュコード定義を参照して下さい。

eqcode 地震コード
version 地図バージョン
case 確率ケース
t 経過年
prob 超過確率
meshcode 3次メッシュコード

詳細は3次メッシュコード定義を参照して下さい。

value simに格納されている強震動指標に対する超過確率値の配列
sim 強震動指標
type 強震動指標種類※

  • bv…工学的基盤上の最大速度
unit 強震動指標配列に格納した値の単位
value 強震動指標値の配列

※強震動指標種類に「si…計測震度」が誤って記載されていました。お詫びして訂正いたします。

以下の例はJSON形式レスポンスのサンプルです。

レスポンスサンプル
リクエストURL
http://www.j-shis.bosai.go.jp/map/api/pshm/Y2010/AVR/TTL_MTTL/T30/hzcv.json?meshcode=51322041N
JSON形式レスポンス
{
    "type": "PshmHzcv",
    "status": "Success",
    "metaData": {
        "meshcode": "51322041N",
        "eqcode": "TTL_MTTL",
        "version": "Y2010",
        "case": "AVR",
        "t": "30"
    },
    "prob": {
        "meshcode": "51322041N",
        "value": [
            "1.000000",   "0.9995463",   "0.9595824",
            "0.8783311",   "0.7994685",   "0.7182883",
            "0.6308817",   "0.5406196",   "0.4532565",
            "0.3734141",   "0.3036335",   "0.2190794",
            "0.1564535",   "0.1114249",   "0.07955143",
            "0.05715077",   "0.04142031",   "0.03033558",
            "0.02247881",   "0.01685985",   "0.01280638",
            "0.008334419",   "0.005611635",   "0.003968899",
            "0.003148562",   "0.002552753",   "0.002107752",
            "0.001766375",   "0.001498294",   "0.001282806",
            "0.001106593",   "0.0008373687",   "0.0006446405",
            "0.0005003452",   "0.0003907430",   "0.0003061670",
            "0.0002406302",   "0.0001896429",   "0.0001498107",
            "0.0001185443",   "0.00009391604",   "0.00005903268",
            "0.00003698568",   "0.00002286980",   "0.00001371502",
            "0.000007703490"
        ]
    },
    "sim": {
        "type": "bv",
        "unit": "cm/s",
        "value": [
            "0.0",   "2.0",   "4.0",   "6.0",   "8.0",
            "10.0",   "12.0",   "14.0",   "16.0",
            "18.0",   "20.0",   "23.0",   "26.0",
            "29.0",   "32.0",   "35.0",   "38.0",
            "41.0",   "44.0",   "47.0",   "50.0",
            "55.0",   "60.0",   "65.0",   "70.0",
            "75.0",   "80.0",   "85.0",   "90.0",
            "95.0",   "100.0",   "110.0",   "120.0",
            "130.0",   "140.0",   "150.0",   "160.0",
            "170.0",   "180.0",   "190.0",   "200.0",
            "220.0",   "240.0",   "260.0",   "280.0",
            "300.0"
        ]
    }
}
XML形式

XML形式のレスポンスは以下の通りです。

タグ 説明
jshis:
status
ステータス

  • Success(固定値)
jshis:
type
タイプ

  • PshmHzcv(固定値)
jshis:
metaData
メタ情報
jshis:
meshcode
3次メッシュコード

詳細は3次メッシュコード定義を参照して下さい。

jshis:
eqcode
地震コード
jshis:
version
地図バージョン
jshis:
case
確率ケース
jshis:
t
経過年
jshis:
prob
超過確率配列
jshis:
meshcode
3次メッシュコード

詳細は3次メッシュコード定義を参照して下さい。

jshis:
values
超過確率
jshis:
value
属性idは対応する強震動指標値のid番号
jshis:
sim
強震動指標配列。

  • type…強震動指標種類
    bv…工学的基盤上の最大速度
  • unit…強震動指標配列に格納した値の単位
jshis:
values
強震動指標値
jshis:
value
属性idは対応する超過確率値のid番号

以下の例はXML形式レスポンスのサンプルです。

レスポンスサンプル
リクエストURL
http://www.j-shis.bosai.go.jp/map/api/36225725N/pshm/Y2010/AVR/TTL_MTTL/T30/hzcv.xml
XML形式レスポンス
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<jshis:PshmHzcv xmlns:jshis="http://www.j-shis.bosai.go.jp" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xsi:schemaLocation="http://www.j-shis.bosai.go.jp http://www.j-shis.bosai.go.jp/map/xsd/gml-v2.1.2/pshm-hzcv-v1.0.xsd">
    <jshis:status>Success</jshis:status>
    <jshis:type>PshmHzcv</jshis:type>
    <jshis:metaData>
        <jshis:meshcode>51322041N</jshis:meshcode>
        <jshis:eqcode>TTL_MTTL</jshis:eqcode>
        <jshis:version>Y2010</jshis:version>
        <jshis:case>AVR</jshis:case>
        <jshis:t>30</jshis:t>
    </jshis:metaData>
    <jshis:prob>
        <jshis:meshcode>51322041N</jshis:meshcode>
        <jshis:values>
            <jshis:value id="1">1.000000</jshis:value>
            <jshis:value id="2">0.9995463</jshis:value>
            <jshis:value id="3">0.9595824</jshis:value>
            <jshis:value id="4">0.8783311</jshis:value>
            <jshis:value id="5">0.7994685</jshis:value>
            <jshis:value id="6">0.7182883</jshis:value>
            <jshis:value id="7">0.6308817</jshis:value>
            <jshis:value id="8">0.5406196</jshis:value>
            <jshis:value id="9">0.4532565</jshis:value>
            <jshis:value id="10">0.3734141</jshis:value>
            <jshis:value id="11">0.3036335</jshis:value>
            <jshis:value id="12">0.2190794</jshis:value>
            <jshis:value id="13">0.1564535</jshis:value>
            <jshis:value id="14">0.1114249</jshis:value>
            <jshis:value id="15">0.07955143</jshis:value>
            <jshis:value id="16">0.05715077</jshis:value>
            <jshis:value id="17">0.04142031</jshis:value>
            <jshis:value id="18">0.03033558</jshis:value>
            <jshis:value id="19">0.02247881</jshis:value>
            <jshis:value id="20">0.01685985</jshis:value>
            <jshis:value id="21">0.01280638</jshis:value>
            <jshis:value id="22">0.008334419</jshis:value>
            <jshis:value id="23">0.005611635</jshis:value>
            <jshis:value id="24">0.003968899</jshis:value>
            <jshis:value id="25">0.003148562</jshis:value>
            <jshis:value id="26">0.002552753</jshis:value>
            <jshis:value id="27">0.002107752</jshis:value>
            <jshis:value id="28">0.001766375</jshis:value>
            <jshis:value id="29">0.001498294</jshis:value>
            <jshis:value id="30">0.001282806</jshis:value>
            <jshis:value id="31">0.001106593</jshis:value>
            <jshis:value id="32">0.0008373687</jshis:value>
            <jshis:value id="33">0.0006446405</jshis:value>
            <jshis:value id="34">0.0005003452</jshis:value>
            <jshis:value id="35">0.0003907430</jshis:value>
            <jshis:value id="36">0.0003061670</jshis:value>
            <jshis:value id="37">0.0002406302</jshis:value>
            <jshis:value id="38">0.0001896429</jshis:value>
            <jshis:value id="39">0.0001498107</jshis:value>
            <jshis:value id="40">0.0001185443</jshis:value>
            <jshis:value id="41">0.00009391604</jshis:value>
            <jshis:value id="42">0.00005903268</jshis:value>
            <jshis:value id="43">0.00003698568</jshis:value>
            <jshis:value id="44">0.00002286980</jshis:value>
            <jshis:value id="45">0.00001371502</jshis:value>
            <jshis:value id="46">0.000007703490</jshis:value>
        </jshis:values>
    </jshis:prob>
    <jshis:sim type="bv" unit="cm/s">
        <jshis:values>
            <jshis:value id="1">0.0</jshis:value>
            <jshis:value id="2">2.0</jshis:value>
            <jshis:value id="3">4.0</jshis:value>
            <jshis:value id="4">6.0</jshis:value>
            <jshis:value id="5">8.0</jshis:value>
            <jshis:value id="6">10.0</jshis:value>
            <jshis:value id="7">12.0</jshis:value>
            <jshis:value id="8">14.0</jshis:value>
            <jshis:value id="9">16.0</jshis:value>
            <jshis:value id="10">18.0</jshis:value>
            <jshis:value id="11">20.0</jshis:value>
            <jshis:value id="12">23.0</jshis:value>
            <jshis:value id="13">26.0</jshis:value>
            <jshis:value id="14">29.0</jshis:value>
            <jshis:value id="15">32.0</jshis:value>
            <jshis:value id="16">35.0</jshis:value>
            <jshis:value id="17">38.0</jshis:value>
            <jshis:value id="18">41.0</jshis:value>
            <jshis:value id="19">44.0</jshis:value>
            <jshis:value id="20">47.0</jshis:value>
            <jshis:value id="21">50.0</jshis:value>
            <jshis:value id="22">55.0</jshis:value>
            <jshis:value id="23">60.0</jshis:value>
            <jshis:value id="24">65.0</jshis:value>
            <jshis:value id="25">70.0</jshis:value>
            <jshis:value id="26">75.0</jshis:value>
            <jshis:value id="27">80.0</jshis:value>
            <jshis:value id="28">85.0</jshis:value>
            <jshis:value id="29">90.0</jshis:value>
            <jshis:value id="30">95.0</jshis:value>
            <jshis:value id="31">100.0</jshis:value>
            <jshis:value id="32">110.0</jshis:value>
            <jshis:value id="33">120.0</jshis:value>
            <jshis:value id="34">130.0</jshis:value>
            <jshis:value id="35">140.0</jshis:value>
            <jshis:value id="36">150.0</jshis:value>
            <jshis:value id="37">160.0</jshis:value>
            <jshis:value id="38">170.0</jshis:value>
            <jshis:value id="39">180.0</jshis:value>
            <jshis:value id="40">190.0</jshis:value>
            <jshis:value id="41">200.0</jshis:value>
            <jshis:value id="42">220.0</jshis:value>
            <jshis:value id="43">240.0</jshis:value>
            <jshis:value id="44">260.0</jshis:value>
            <jshis:value id="45">280.0</jshis:value>
            <jshis:value id="46">300.0</jshis:value>
        </jshis:values>
    </jshis:sim>
</jshis:PshmHzcv>

エラーケース
エラー分類コード

エラー分類コードは以下の通りです。

分類コード 説明
INVALID_REQUEST 指定したリクエストに誤りがある。
DB_CONNECT_ERROR DBに関するエラーが発生した。
UNKNOWN_ERROR 未定義のエラーが発生した。
NOT_FOUND 該当するデータが存在しない。
JSON形式

JSON形式のリクエストでエラーが発生した場合のレスポンスは以下の通りです。

タグ 説明
type JSONオブジェクトタイプ

  • PshmHzcv(固定値)
status ステータス

  • Error(固定値)
error エラー情報
code エラー分類コード
message エラー内容を示すメッセージ

以下の例はJSON形式エラーレスポンスのサンプルです。

レスポンスサンプル
リクエストURL
http://www.j-shis.bosai.go.jp/map/api/pshm/Y2010/AVR/TTL_MTTL/T60/hzcv.json?meshcode=51322041N
JSON形式エラーレスポンス
{
  "type": "PshmHzcv",
  "status": "Error",
  "error": {
    "code": "INVALID_REQUEST",
    "message": "Supported options for [ t ] are : T30 / T50"
  }
}
XML形式

XML形式のリクエストでエラーが発生した場合のレスポンスは以下の通りです。

タグ 説明
jshis:status ステータス

  • Error(固定値)
jshis:error エラー情報
jshis:code エラー分類コード
jshis:message エラー内容を示すメッセージ

以下の例はXML形式エラーレスポンスのサンプルです。

レスポンスサンプル
リクエストURL
http://www.j-shis.bosai.go.jp/map/api/51322041N/pshm/Y2010/AVR/TTL_MTTL/T60/hzcv.xml
XML形式エラーレスポンス
<jshis:PshmHzcv xmlns:jshis="http://www.j-shis.bosai.go.jp" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xsi:schemaLocation="http://www.j-shis.bosai.go.jp http://www.j-shis.bosai.go.jp/map/xsd/gml-v2.1.2/pshm-hzcv-v1.0.xsd">
    <jshis:status>Error</jshis:status>
    <jshis:error>
        <jshis:code>INVALID_REQUEST</jshis:code>
        <jshis:message>Supported options for [ t ] are : T30 / T50</jshis:message>
    </jshis:error>
</jshis:PshmHzcv>
カテゴリー : API | タグ : ハザードカーブ 
シミュレーションハザードカーブプレートテクトニクスマグニチュード人口使い方内陸地震地すべり地図地殻内地震地盤地震カテゴリー地震ハザードカルテ地震動地震動予測地図地震波地震波形地震発生確率地震調査研究推進本部堆積平野報告書強震動予測強震動評価微動アレー探査想定地震手法揺れ数値地図断層断層モデル海溝型地震深部地盤災害物理探査研究プロジェクト確率確率論的地震動予測地図確率論的手法表層地盤被害地震長周期地震動震度震源断層モデルAPIGISITJ-SHISKMLWMS