J-SHIS | 地震ハザードステーション

サブメニュー サイトマップ お問い合わせ J-SHIS (English)
スタート J-SHIS
難易度

J-SHISに、2012年版から「長期間平均ハザード地図」が追加されました。 続きを読む

難易度

「確率論的地震動予測地図」とは、全ての地震の位置・規模・確率に基づき、各地点がどの程度の確率でどの程度揺れるのかをまとめて計算し、その分布を地図に示したものです。
続きを読む

難易度

「震源断層を特定した地震動予測地図」とは、ある特定の地震(ある断層の特定のすべり)が発生した場合に各地点がどのように揺れるのかを計算してその分布を地図に示したものです。
続きを読む

難易度

マグニチュードと震度の違いについて説明します。
続きを読む

難易度

地震と地震動についての解説です。

続きを読む

難易度

日本列島周辺では、陸側のプレート(板状の岩盤)の下に太平洋プレートおよびフィリピン海プレートの2つの海側のプレートが沈み込んでいます。このプレート運動によりプレート境界やその内部に蓄積されたひずみを解消するために日本列島とその周辺では多くの地震が発生します。その発生場所により「海溝型地震」と「活断層型地震」に大きく分けられます。

続きを読む

難易度

地震発生確率・地震動超過確率の例と日本の自然災害・事故等の発生確率の例

続きを読む

難易度

地震ハザード評価と地震動予測についての解説です。

続きを読む

難易度

地震がどこで発生し、それによって地面がどのように揺れるのかということを明らかにするためには、地震を発生させる場であり、かつ地震波を伝播させる場である地下の状況、つまり地下構造について知ることが重要です。

続きを読む

難易度

地震の発生確率とは、地震そのものが発生する確率です。地震の発生確率は、地震調査研究推進本部により評価されています(長期評価)。

一方、地震動の超過確率は、着目地点において、その地点に影響を与える様々な地震について、ある期間内に少なくとも1回地震動の強さがあるレベルを超える確率をいいます。

続きを読む

シミュレーションハザードカーブプレートテクトニクスマグニチュード人口使い方内陸地震地すべり地図地殻内地震地盤地震カテゴリー地震ハザードカルテ地震動地震動予測地図地震波地震波形地震発生確率地震調査研究推進本部堆積平野報告書強震動予測強震動評価微動アレー探査想定地震手法揺れ数値地図断層断層モデル海溝型地震災害物理探査研究プロジェクト確率確率論的地震動予測地図確率論的手法表層地盤被害地震長周期地震動震度震源断層モデルAPIGISITJ-SHISKMLWMS