J-SHIS | 地震ハザードステーション

サブメニュー サイトマップ お問い合わせ J-SHIS (English)
スタート J-SHIS
よくある質問

確率論的地震動予測地図の確率の区切りの意味は何ですか?

今後30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率について、ポアソン過程で考えるとそれぞれ以下に相当します。

  • 確率 26% : 平均的に約 100年に1回の頻度で発生する事象に対応します。
  • 確率 6% : 平均的に約 500年に1回の頻度で発生する事象に対応します。
  • 確率 3% : 平均的に約 1,000年に1回の頻度で発生する事象に対応します。
  • 確率0.1% : 平均的に約30,000年に1回の頻度で発生する事象に対応します。

地震調査研究推進本部の「全国を概観した地震動予測地図」報告書(P14)をご覧ください。

カテゴリー : FAQ 
シミュレーションハザードカーブプレートテクトニクスマグニチュード人口使い方内陸地震地すべり地図地殻内地震地盤地震カテゴリー地震ハザードカルテ地震動地震動予測地図地震波地震波形地震発生確率地震調査研究推進本部堆積平野報告書強震動予測強震動評価微動アレー探査想定地震手法揺れ数値地図断層断層モデル海溝型地震災害物理探査研究プロジェクト確率確率論的地震動予測地図確率論的手法表層地盤被害地震長周期地震動震度震源断層モデルAPIGISITJ-SHISKMLWMS