J-SHIS | 地震ハザードステーション

サブメニュー サイトマップ お問い合わせ J-SHIS (English)
スタート J-SHIS
使ってみよう!

J-SHIS Map目的別インデックス

J-SHIS Mapで見ることのできる情報を目的別にまとめました。


揺れの「大きさ」を見る

J-SHIS Mapでは、2種類の揺れの「大きさ」を見ることができます。

1. ある期間内にある超過確率で想定される揺れの大きさ
確率論的地震動予測地図-計測震度の領域図

確率論的地震動予測地図は、揺れの大きさとその超過確率のうち、一方の値を固定して、もう一方の値を示した地図です。例えば、30年超過確率3%の地表の震度を示した図では、「各地点で、その地震動(震度)以上の揺れに見舞われる確率は、今後30年間で3%です」という意味になります。

例:2016年から30年間に、3%の超過確率で見舞われる揺れの大きさ(関東地方)
長期間平均ハザード

数百~数万年といった長期間の再現期間に対応する、地震による揺れの大きさを示す地図です。発生頻度が低くとも大きな揺れとなる地震の影響を示すために作成されました。この地図では全ての地震活動をポアソン過程として評価しています。例えば、「再現期間1000年相当」の地図は、1000年に1回の頻度で見舞われる揺れの分布を表しています。これは確率論的地震動予測地図の「30年 3%の確率で一定の揺れに見舞われる地図」に相当します。

例:再現期間10万年相当の計測震度(関東地方)
2. ある地震が発生した場合に想定される揺れの大きさ
条件付超過確率-計測震度の期待値

想定した地震が発生した場合に予測される震度の平均値の分布を示した地図です。

例:立川断層帯で地震が発生した場合に想定される計測震度の期待値
想定地震地図-計測震度

ある想定地震が発生した場合に生じる地震動強さの分布を示した地図です。不確実性を考慮し、「想定地震地図」では複数の想定「ケース」に基づいた地図を作成しています。

例:立川断層帯で地震が発生した場合に想定される計測震度(ケース1)

揺れの「超過確率」を見る

J-SHIS Mapでは2種類の揺れの「超過確率」をみることができます。

1. ある期間内にある揺れの大きさを超える確率
確率論的地震動予測地図-確率の分布図

確率論的地震動予測地図は、揺れの大きさとその超過確率のうち、一方の値を固定して、もう一方の値を示した地図です。例えば、30年超過確率3%の地表の震度を示した図では、「各地点で、その地震動(震度)以上の揺れに見舞われる確率は、今後30年間で3%です」という意味になります。

例:2016年から30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率(関東地方)
2. ある地震が発生した場合にある揺れの大きさを超える確率
条件付超過確率

条件付超過確率地図は、想定した地震が発生した場合に、個々の地点での揺れがある震度を上回る確率を示した地図です。

例:立川断層帯で地震が発生した場合に、震度6強以上となる確率

揺れやすい「場所」を見る

地震が発生したとき、震源からの距離が同じような場所でも、表層地盤や深部地盤の違いにより場所によって揺れの大きさが異なることがあります。J-SHIS Mapでは、表層地盤が比較的柔らかい場所(地盤増幅率が大きな場所)や、堆積層が厚く長周期地震動が比較的卓越しやすい場所を見ることができます。

表層地盤-地盤増幅率

地表から深さ30mまでの平均S波速度(AVS30)から算出される地盤増幅率(最大速度増幅率)の分布を示した地図です。地盤増幅率は工学的基盤(Vs=400m/s)から地表に至る最大速度の増幅率を表します。

例:関東地方の地盤増幅率
深部地盤

強震動予測のために作成した、地震基盤から工学的基盤に至るまでの全国の三次元深部地盤モデルを示した地図です。各層の境界上面深さ、または標高の分布を色階調により表現しました。赤が濃くなるほど地震基盤面が深く堆積層が厚いことを示しています。

例:関東地方の深部地盤の地震基盤面

影響が大きい「地震」を見る

J-SHIS Mapでは、地域ごとにどのような地震の影響が大きいのかを見ることができます。地震の影響は地震カテゴリーIIIIIIに分類しています。また、地震カテゴリー別に日本全国を見たときに、相対的な超過確率の大きさを4つのレベルに分けて見ることができます。この地図は絶対値ではなく相対値であることに注意が必要です。異なる地震カテゴリーのレベルを比較することはできません。

影響度

影響度地図は、各地点で最も影響の大きな地震カテゴリーを示した地図です。最も影響の大きな地震カテゴリーは、カテゴリー毎に地震動の超過確率を計算して求められます。なお、各地点における影響度は、地震動のレベルによって変化します。

例:震度6強以上を考えたときの影響度(関東地方)
地震カテゴリー別地図

地震ハザード情報の理解を深め、利活用しやすくするために、地震をその性質により3つの地震カテゴリーに分類しました。地震カテゴリー別地図は、地震動が各地域に及ぼす影響を相対的に示すために、各地震カテゴリーの確率の分布を四分位(*)で表示しています。

(*)全ての評価メッシュの超過確率を大きなものから順に並べた上で、個数を四等分して表示する方法。

例:震度6強以上を考えたときの地震カテゴリーIのレベル(関東地方)

地震による「被害」を見る

被災人口

被災人口地図は、想定した地震が発生した場合に、ある強さ以上の揺れに曝される人口(震度曝露人口)の分布を示した地図です。[想定地震-平均値]で表示される地図は、条件付超過確率タブで表示される計測震度の期待値を元に作成した震度曝露人口地図です。[想定地震-ケースN]で表示される地図は、想定地震タブで表示される、ケースNの計測震度を元に作成した震度曝露人口地図です。

例:立川断層帯で地震が発生した場合、震度5弱以上の揺れに曝される人口
シミュレーションハザードカーブプレートテクトニクスマグニチュード人口使い方内陸地震地すべり地図地殻内地震地盤地震カテゴリー地震ハザードカルテ地震動地震動予測地図地震波地震波形地震発生確率地震調査研究推進本部堆積平野報告書強震動予測強震動評価微動アレー探査想定地震手法揺れ数値地図断層断層モデル海溝型地震災害物理探査研究プロジェクト確率確率論的地震動予測地図確率論的手法表層地盤被害地震長周期地震動震度震源断層モデルAPIGISITJ-SHISKMLWMS